FC2ブログ

WZR-HP-G302Hの双方向プリントサーバー機能について

WZR-HP-G302HとCanonのMP610をプリントサーバ機能を使ってつなげることに

WZR-HP-G302Hには、双方向プリントサーバー機能がついています。
所有しているキャノンのプリンタMP610には有線LANや無線LANがついていないため、せっかく無線LANを使っても、プリンタを使用する際には、USBケーブルでPCとプリンタをつなぐ必要がありました。

今回購入した無線LANルーターのWZR-HP-G302Hには、プリントサーバ機能が標準で付属しているため、無線LANルータにプリンタをUSB接続しておけば、PCとプリンタを接続する必要がありません。
実際にプリントサーバー機能を使った際に直面した事を残します。

まず、以下のサイトよりWZR-HP-G302Hのファームを最新にし、
http://buffalo.jp/download/driver/lan/wzr-hp-g302h.html
デバイスサーバー設定ツールをインストールします。このデバイスサーバ設定ツールをインストールしないと、プリントサーバ機能は使えません。

なお、マニュアルはここです。(PDFです)
http://buffalo.jp/php/ldocs.php?name=35011837-1.pdf

プリントサーバ機能を使用する前に、PCにプリンタのドライバをインストールしておく必要があります。
プリンタをいままでPCで使用している人は、プリンタのドライバはインストール済みのはずです。

WZR-HP-G302Hとプリンタを接続し、PCとWZR-HP-G302Hも無線で接続していれば、特に問題なく使用できるはずですが、デバイスサーバ設定ツール上での表示が使用できますからあなたが使用中ですに切り替わらないという症状が出ました。

かなり悩んだのですが、結局原因はファイアウォール機能でした。
使用しているファイヤーウォールソフトは、ウイルスバスター2010に付属のものです。
無線LANルータに接続しているプリンタのIPアドレスを許可する必要があります。

IPアドレスの調べ方
デバイスサーバー設定ツールに表示されているプリンタを右クリックしてプロパティを表示すると、IPアドレスがわかります。

パーソナルファイアウォール→設定→詳細設定→例外ルール(プロトコル)→追加→
方向:受信
処理:許可
プロトコル:TCP/UDP
ポート:すべてのポート
タイプ:IPアドレス(IPv4)
ホスト名:空欄のまま
IPアドレス:上で表示されているIPアドレスを記載

以上で設定は完了です。

WZR-HP-G302HのHP
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/nfinity-highpower/wzr-hp-g302h/
WZR-HP-G302Hのカカクコム
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000170188/
ファイアウォールの設定で参考にしたHP
http://faq.ricoh.jp/faq/1032/app/servlet/qadoc?001717
スポンサーサイト



[ 2010/12/28 16:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL